4・28ネットTopへ      
   
 
4・28から
4・28からバックナンバー
行動予定
声明・宣言
物資販売
リンク集
 

発  行 郵政4・28を共に闘う全国ネットワーク(4・28ネット)事務局
連絡先  東京都千代田区3−5−1 スドウビル4F
      Tel:03-3862-3589     Fax:03-3865-2832
      mailto:haz00870@wood.odn.ne.jp
郵便振替  00160-4-842 「4.28ネット」
発行日 2005年3月15日(頒価¥10) No.151

 6・20東京総行動
   最高裁・日逓・郵政公社へ
     8:45〜 9:05 最高裁判所
    11:50〜12:20 トヨタ本社
    13:00〜13:20 日逓本社
    13:50〜14:10 郵政公社
    *尚、鉄建公団訴訟・全動労争議・鉄道運輸機構訴訟の3原告団共催で
    17:00〜 鉄建公団本社

  昨年6・30東京高裁判決で「原告7人全員の首切り撤回」という逆転大勝利を得てから、早くも一年がたとうとしている。最高裁は、「社会的常識」に従って、郵政公社の上訴をすぐに却下すべきだ。
  また5月10日に、4・28担当でもある第三小法廷濱田邦夫裁判長は、船橋東局非常勤雇い止めで昨年12月9日に上訴した今村久孝さんに対して不当な却下をした。法の谷間におかれる非常勤公務員、裁判長の見識を疑う!

  「世界のトヨタ」は、郵政職場に対してだけではなくフィリピンでも悪行をなしている。国際連帯の力でトヨタを攻めよう。
  また、トヨタ方式導入の最先端=越谷局で昨年過労死させられたM職員のご遺族が、5月18日に「過労死・残業代未払い」の申告を春日部労基署へ行い、マスコミ報道もされている。
  労使共同の天下り先である日逓本社は、期間臨時社員等への差別や組合差別を続けている。また9月21日には「日逓不利益変更裁判」の判決が出る。

  郵政公社は、即刻4・28免職者の就労を保障すべきだ。すぐにバックペイや社会保険等々の回復処置もすべきだ。国家機関でありながら高裁判決に違反して違法状態を続けている(最高裁決定がなされる前は高裁判決が日本の最高法規だ)。自主交渉・自主的解決の誠意を見せろ。謝罪しろ。民営化路線をヤメロ。

 
 


 郵政労働者ユニオン

   伝送便

    レイバーネット

 がんばれ国労闘争団

  がんばれ闘争団

   労働情報

 服務改悪に反対する全国ネット

 


=====================================

尼崎事故JR体質は郵政の姿!「官営」もX、小泉競争主義はもっとX!
郵政民営化反対、廃案に追い込もう

  郵政公社は、「官営」利権にしがみつきながら儲け主義の「民営」化路線を突き進んでいる。尼崎事故で107人の命を奪ったJR西日本とそっくりの、公共性と人権を否定した職場を生み出している。小泉行革はこれを更に悪くする。
  各地で反対行動が活発だ。3/17「けんり春闘全国実」の日比谷野音集会アピール、4/3「郵政民営化を監視する市民ネット」立上げ集会、4/20「春の共同行動」での内閣府郵政民営化準備室との交渉等々。地方でも、4/24新潟集会や東海・関西・九州での諸行動や5/14の中国・四国から参集しての広島集会と本通りデモ等が行われ、5/29には長野での市民シンポも企画されている。
  これらを担ってきた郵政ユニオンと全国キャラバンを担ってきた郵産労とが、6/2共同集会をもつ。5/27尼崎事故民営化の緊急集会をレイバーネットが行い郵政も参加。6/14〜16第一派国会闘争(座込み・議員要請等)も企画。

★☆●○▼▽▲△◆◇■□◎★☆●○▼▽▲△◆◇■□◎★☆●○▼▽▲△◆◇■□

早朝各局、昼郵政公社、午後全逓(現JPU)本部へ怒りの抗議
4/28反処分26周年一日行動

  朝7時20分、赤羽局には数十人、情宣と申入れ行動後には集会を開催。八王子局では5人、更に定例ビラの郵産労の仲間が応援してくれた。両局とも相変わらずの官僚的対応だが、高裁逆転勝利判決のせいか少し大人しい。

  昼休み郵政公社前は、赤羽会と4・28ネットと「4・28連絡会」現地共闘で、司会神矢、挨拶名古屋、池田、得差各免職者が発言した。
  原田さんら広島中央局・大阪城東局からも駆けつけてくれ、連帯挨拶等では、仏SUD/PTTのケレンさんや酒井鉄建公団原告団長、職場・争議の仲間らが「すぐに職場へ戻せ」と公社を追及した。

  午後2時を過ぎて、全逓会館会議室で高橋総務部長・増田組織部長・書記さん2人と、秋冨(東京中郵)・横呂(広島)・澤崎(大阪)各氏ら5人が交渉。
  池田免職者が「局内立入り・組合費問題・前回大会要求書への回答」など、名古屋免職者が「組合からの二度目の首切り撤回・謝罪」などを追及するが、「のらりくらり+矛盾」の応答ばかり。地方の仲間は「こんなにもヒドイとは!」と怒っていた。

4・28ネット第14回総会
民営化と司法反動に対決し、上映運動を

  4・28ネット第14回全国交流会(総会)は、午後3時を過ぎて5時近くまで文京シビックセンターに約40人が集った。

 「郵政クビ切り物語〜4・28処分と郵政職場
               ―郵政版:人らしく生きよう」

    大成功の東京上映会
  反処分26周年行動の締めは、6時半から文京シビック4階ホールで「郵政クビ切り物語」東京上映会。予想を越え多彩な100人近くが参加した。
  出演の免職者2人の挨拶後、制作者=ビデオプレスの松原明さんは「ドラマチックにとの要望もあったが、複雑な経緯を解りやすく編集する等に苦労した。JR尼崎事故でも労組の役割〜4・28闘争が重なる」、佐々木有美さんは「創ろうと思ったのは闘う郵政の人たちの人柄。管理者と較べ一目瞭然だ。支援半ばで死去した森田秀幸さんの労働者らしい人間像と追悼文が心に届く」とトークした。
  会場から、27年目失職・藤沢局稲田明朗さん(3/22横浜地裁不当判決、控訴)、SUDケレンさん、元争議団の小川さん、原子力資料情報室の渡辺さん、オリジン電気労組の川島さんらが発言した。
  アンケートでも「3回目でしたが泣けました(24歳男性)」「ゆうメイトの女性たちが素晴らしい(女性)」等好評だった。
 <連絡先>ビデオプレス DVD版も¥6000
 Tel :04-3530-8588 Fax03-3530-8578
*多数のビデオ制作カンパ協力に感謝です

  開会の挨拶を吉野信次共同代表(松戸市議)が述べ、2/16永眠された吉岡徳次顧問へ全員で黙祷を捧げた(4/25全港湾と全国港湾労協の合同葬が行われ6/11に偲ぶ会が催される)。
  共同代表挨拶を石田精一(国労高崎)・平賀健一郎(中小労組政策ネット)両氏が、「民営化と公共性破壊」「企業を越えた民間との連帯」等を提起した。

  赤羽共に闘う会等からの連帯挨拶の後、奥山事務局長が議案を一括提案した。
  「高裁判決の産別を越えた喜びの輪と全国上映運動&最高裁への社会的包囲と民営化反対運動」「財政的には、勝利判決で郵政内はお祝い気運のカンパ等が増え、郵政外はバックペイ取得との誤解で減った。財政危機の克服を」「発足時からの横山喜一事務局へ停年退職後も継続を依頼した」。

  郵政現場・ネット各地区からの報告や意見、討論の後、池田・名古屋両免職者がお礼と決意を語った。
  小野寺忠昭共同代表(国鉄共闘アドバイザー)が閉会の挨拶をした「高裁判決は鉄建公団訴訟原告に自信をもたらした。もっと積極的評価を」。

 
   
4・28Topへ

e-mail

郵政4.28を共に闘う全国ネットワーク(4.28ネット)事務局
東京都千代田区岩本町3−5−1スドウビル 郵政共同センター
Tel:03-3862-3589  Fax:03-3865-2832

郵便振替 00160-4-842 「4.28ネット」